看護業界は離職率が高いのが問題

看護業界が抱える問題は数多く存在していますが、その中でも最も深刻なのは離職率の高さではないでしょうか。
一般の企業に比べても圧倒的に離職率が高くなっていて、これが現場の人材不足に繋がっていることは明白です。今後も日本の医療制度を高いレベルで維持していくのであれば、医療の中心を担っている看護師の待遇改善は必須になるはずです。
女性は、結婚や出産、育児があるのでどうしても仕事ができないケースが出てきてしまいます。長期に渡って現場を離れることがあるのは、仕方のないことと言えるでしょう。
しかし、それをそのまま放置しているのでは、問題解決に繋がりません。たとえば、出産をしても仕事を辞めなくて済むように考えることも重要だと思います。育児と仕事の両立ができるような制度を確立すれば、離職率の数字自体は減らしていけると思います。各病院はもちろん、業界全体がこのような努力を繰り返していけば、離職率は徐々に減らしていけるはずなのです。
また、一度離職をしてしまっても、すぐに現場に戻れるようなシステムに作り変えることも重要になると思います。現在でも、看護師は復職が容易だと言われていますが、まだ十分だとは言えないと思います。もっと気楽に、最前線に戻れるようシステムを作り上げていくことが重要なのです。現在は、ブランクのある人向けの講習を無料で開講していたりと、一定の努力は見受けられますが、それでもまだ潜在看護師と呼ばれる人たちを現場に十分呼び込めてはいないのです。資格を持っていて、現場に出ていない人をいかに現場に戻せるかが、政策立案者の腕の見せ所であると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.